FC2ブログ

マダデキblog

とりあえず生きているので、書いたり描いたりするblog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

巨大ハンバーグ

マクドナルド フライドポテトM×100個
に始まる恒例食べ物企画。

……とは名ばかりの、実際はフツーのお店にご迷惑をおかけする企画。
20070518_1.jpg

ってわけで今回も、今までの企画の主犯格。ピンク帽子のリーダーと一緒に近くのハンバーグ・ステーキのお店「フィジー」に行ってきました。

何をするかって言うと
20070518_2.jpg

こういう訳です。

ああリーダー、最近「ハンバーグの限界について」の話題がやけに多かったのはこういう訳なのね!
ところで、何で今回もラストオーダーの時刻に店にはいるんだろうね!!
(21:30)


とりあえず、店に入りメニューを指しながら。
「スミマセン、ハンバーグの増量の限界ってどのくらいですか?」
と、お姉さんに直球に聞くリーダー。

「え……? まぁ、いくらでも?」
と、さらりと半疑問系で火に油を注いでくれるお姉さん。


ここで審議に入る私とリーダー。
「つまり、ある種、我々のの限界か」
そう、我々の良心の限界とも言える。

「400gとか450gならよく出ますけど?」
と、そこに不思議そうに聞いてくるお姉さん。
更にラストオーダーの時刻
とりあえず
「じゃあ、例えば1キロとか出来ますか?」
と、聞いてみることに。


「1キロ? ですか? 確認してきます。」
そういってパタパタ厨房に戻っていくお姉さん。
数秒後
「1キロ!?」

と、厨房からダンディーな声
このお店では、目の前の鉄板で焼くのを見せてくれるのも、一つの売りなのですが、どうやらいつも焼いてくれるシェフの声の模様。
その声からまた数秒後、パタパタ帰ってくるお姉さん。

「出来ます。」
出来るのかよ!!

涼しい顔で返答してくれるお姉さん。
しかし
「でも、焼く時間もあるんでこの時間からだと、1キロ以上は勘弁してだそうです」
とのこと


「「じゃあ1キロで」」

ってわけで、今回は1000gハンバーグ。

まぁ、2人なら問題ないかな。
と、思いながら見ていると、お姉さんが入った厨房から入れ替わりで、お菓子等を作る用のボウルの様な物を持って鉄板担当のシェフ。

この姿を
「さすがこの道10数年の店長だ」
とリーダーは語る。



そんな1パフォーマンスもあり、またさっきのお姉さんが今度はお皿を持って再来。

20070518_3.jpg

そして、目の前になんか大きいお好み焼きみたいな物が
(頼んだ人間が言う事じゃありませんが)

20070518_4.jpg

とりあえず比較。
お茶碗の面積の3倍弱ぐらい?

世間的にはどうか知りませんが、やっぱりお好み焼き見えます。
肉だけのお好み焼き。

更にハンバーグが浸かるぐらいかけられたデミグラスソースが、店長の心境を表します。
……
……はい、とりあえずごめんなさい。


20070518_5.jpg

まぁ、それはそうと、とりあえず頂きます。

食べ用としたところリーダーが
「おいらは、ここの焼きそばが好きだから、皿にのっている焼きそばをもらっていいかい?」
と言い始める。

「ハンバーグを食いやがれリーダー」


20070518_6.jpg
とは、言いながらもやはり二人がかりならば特に問題なく完食。
ごちそうさまです。

さて、お会計。
感の良い方……というかレストランでちゃんと料理の値段を考えて食べる人なら、お気づきかもしれませんが……
このハンバーグ


20070518_7.jpg

3135円
だったりします。

は、ハンバーグ1個3000円越え……


そして、最後まで笑顔を崩さなかったお姉さんに会計を済ませ
「まだ限界は先にあるんじゃないか?」
と言った感じの事を言ってるリーダーと一緒に帰路につきました。

To Be Continued?
  1. 2007/05/18(金) 23:03:33|
  2. 企画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://madadeki.blog51.fc2.com/tb.php/120-90f2e2e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。